バイナリーで100万円を稼ぐまで

バイナリー業者のキャンペーンでお金を貰う方法

バイナリーはハイリスクな商品で、儲かる人もいれば損する人もいまして、スイスポンドでこれは本当かどうかはわかりませんが、2億損をした人がネット上で現れましたがその逆に2億プラスになった人も中にはいたと思います。

 

バイナリーのキャッシュバックキャンペーンが美味しく、最近、バイナリー会社がどんどんお金を出し渋っている気がするのですが、未だお金を蒔いて、お客さんを集めるfx会社がたくさんあります。そういう会社で、口座開設をしていくと時間はかかりますが、一社につき多いところで2万円のキャッシュバック、少ないところで1000円単位の会社もあり会社によってまちまちです。DMMFXや外為ジャパンなどは気前がよく、1万年単位でキャッシュバックキャンペーンを行っています。その他、外為どっとコムなども、毎月といいますか定期で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

大体、どの会社も1万通貨取引が條件なので、その場合の手数料といいますかかかるコストが1万通貨につき50円とかそんな感じのコストで1万円が貰えたりします。知っている人は知っていますが、怖くてやれないみたいな感じの人もいます。そのキャッシュバックを貰うこつは、例えばドル円だと、1万通貨買って、売ってをするとコストが50円位かかりまして、証拠金と呼ばれるバイナリー会社に預けるお金が1万通貨だと、5万円位預けなければなりません。夜取引すると、値上がり値下がりが大きいので、午前の10時頃が一番値上がり値下がりが小さいと思います。

 

 

エントリーのポイントだけを探す

 

今までバイナリーをやっていて、ずっと損切り貧乏だったのですが、エントリーポイントを探す事だけを考えるようになったらあっさりとプラス収支に周る事が出来ました。無駄ではありませんが、今まで考え過ぎていたような気もします。

 

このバイナリー相場はどれぐらいのpips取れるだろう、とか考えていたんですよね。ここでエントリーするとこうなってああなって、それでファンダメンタルがこうだから、とか考えて、その理論とは違う動きをしたら損切り、もしくは利確するという事をしていました。ずっと張り付いていたり気にしたりしなければならないので、これは厳しいと思って、エントリーだけに力を注ぐことにしたんですよね。そこまでやっても負けていましたし。

 

やるのはサポレジとか移動平均線とかで、パッと見良いと思える所を探すだけです。もしあったらそれは上なのか下なのかを見極めてエントリー。その後は野となれ山となれです。損切りだけは指して置いて、引っかかってしまえば終わりですし、少し利が乗っていれば±0の所に指してまた放って置きます。

 

このやり方にしたら何よりも楽で、トレンドが出ている時などはかなり多い利益を取る事が出来ます。マイナス自体も増えましたが、プラスが大幅に増えたのでトータルプラスにはなりましたね。今まではちょっとでも理論と違ったら終わりにするために細かくチャートを追いましたが、ノイズとかも多いので無駄だったかも知れません。今までと比べてかなーり緩いトレードになったのですが、それでもプラスが出るのでOKですよね。バイナリーってそんなものなのかなと思います。

 

全員が全員緩くやれば良いなんて事は無いでしょうが、これだけは厳密にやる、と言うのが一個だけでも勝つことは出来るようです。余計な事をすると負けると言われましたが、本当にその通りでした。

 

 

FXの中で、策略ではないかと思うところが多々

 

FXでの運用成績は、ほぼ横ばい、策略のように利益が雑所得の納税額付近に来たら、負けています。これ、何か仕組んでいるのではないか、と思います。納税額にいたらないようにコントロールしているような、だいたい利益が出ていても、その手前あたりで反転します。そこからは連続してドドドドと損失が出ます。やればやるほど損失、やらなければ勝ち逃げできますが、やっぱりやるから損失が重なっていきます。

 

納税を放棄するつもりはないし、利益が出れば雑所得を申告するつもりでいます。ここの連続して損失の意味もわからないし、二択のはずなのに、10連続ぐらいほぼハズレます。なぜそうなるのか、いまだにわからないです。

 

納税のラインのときだけではなく、どういうわけか10連続のハズレがたびたび起きます。ハズレ、またハズレ、というのが連なっていき、その間、ほぼアタリなしです。一時的にちょっと利益になることがあるけれど、それで利確するほどの利益ではないものの、スルーしたら損失がけっこうでかくなります。

 

値動きがあって儲けそうな場面になると、システム障害が発生してログインできませんと表示され、会員となっているトレーダー全員に発生していることが確認されていますが、そういうときに限って何か発生します。たまたまのこととしても、仕組まれているような気がします。

 

取引を監視しているのではないかという錯覚についても、何十万人もいるトレーダーの取引をひとつひとつ監視できるわけがありません。できることとしては、全取引の建玉のポジションを平均するとか、利益率が高いトレーダーの上位から順番に並べられるとか、そういうのはできなくもないのかもしれません。

 

しかし、おおよそ公平に取引が行われているはずだから、それだけ策略じみたことはないとは思います。たぶん、たまたまそうなっただけ、もう少し利益を追加すれば雑所得申告のラインを超えることがあるはずです。そのうち超えるでしょう。
参考:バイナリーオプションの世界で生きていく

 

本日の東京時間で米ドル円は弱かった。日本の重要イベントがあったので積極的には買われませんでした。発表されるまでじっとしていました。若干、上値を切り下げていました。発表後は下がりました。でも、ニューヨーク時間が近づくと、戻してきています。イベントが終わったことで落ち着き始めた模様です。ニューヨーク時間にはまたさらにイベントがあります。イエレンFRB議長の講演、米消費者物価指数です。講演の前に米消費者物価指数が発表されるというのがポイントです。結果があまりよくなかった場合に影響してくるのが利上げ時期による期待です。それが薄れてきます。結果が良ければ期待が高まり、買われるのではないかと思います。イエレンFRB議長の講演がまだあるので動きは一時的かもしれません。東京時間に米ドル円は120.64まで安値を更新してから上げてきて、今は120.97にいます。下げ幅を半分以上埋めました。これはもしかするとニューヨーク時間で高値更新があるかもしれません。米ドル円が強くなる。いつまでたっても豪ドル円が強くなって来ない。もうドル買い時代に突入しているのが分かります。今の豪ドル円は積極的に売られなければ買われもしない。一時的に米ドル円が弱る事はあってもやっぱり、長い目で見ると米ドル円が強い。アメリカの景気回復と中国経済は雲泥の差があります。アメリカが晴れなら中国は曇りです。もう何度も中国経済はやばいというニュースを見てきています。経済成長率は、読むところによると5年連続で減少しているそうです。やばいじゃん。こんなことがあっては95円にいる豪ドル円がまた90円に戻っていってしまってもおかしくないです。実際のトレードで買う通貨、豪ドル円か米ドル円ですね。豪ドル円については危ない通貨だと思っていますが、値動きの大きいユーロ円やポンド円は怖いので、選んでしまいます。トレード回数はアベノミクスのときと比べて確実に減ってきている。

続きを読む≫ 2015/05/31 08:24:31

24時間いつでも為替トレードが出来るということで、FXは非常に多くの方に愛用される投資ジャンルになってきております。また、一日中画面に張り付いていなくても、取引システムによって自動で損切りや利益確定が出来るということで利用者の負担も軽減されるような仕組みが提供されるようになってきております。最近ではこうした自動取引も一般的に普及するようになってきており、利用者の方々にも注目される存在になってきており、魅力もかなり高い内容へと進歩してきております。最近のFXにおいては、システムトレードについても多様化する時代になっておりますし、取引参加を検討されているという人々に、積極的にご活用される傾向になっています。さらにFX業者によっては、インターネット上におけるシステムサポートや相談窓口などが整備され、誰もが安心して活用できる内容に進化してきております。最近では充実したFXサービスに関しては、専用のインターネットサイトでも注目になっていると実感できますし、評価も高い身近なものに進歩してきております。当然FXに関しては、為替投資分野の内容に関しても改善が進んできておりますし、非常に魅力的なサポート内容に変化してきております。非常に大きな利点もございますので、可能な限り有効的な観点においてじっくりチェックしてみるのも大切であると思います。このようなFXをはじめとする為替サービスにおいても、利用者の負担を減らすサポートなどが整備され、全ての方々に深い信頼を持ってもらえるサービスへと変わってきたと言えます。ネットトレードは総合的に取引方法も進化してきており、かなり効率的なサービス内容へと変わってきております。FXに対して興味が強くなったという方は、この機会に、インターネットトレードなどにおいて専門のウェブコンテンツなどで有益な比較情報を検討されてみることもおすすめです。最近のネット投資においてはトレードも取引システムも多様化の時代になり、参加を希望されているという人々に、安心してご利用される傾向になっています。

続きを読む≫ 2015/05/31 08:24:31

2015年はどんなバイナリー相場になるのでしょう。まだ始まったばかりですが、統一性のない相場が続いています。クロス円の中で米ドル円、豪ドル円、ユーロ円は、テーマ性が強いです。米ドル円はアメリカの景気、豪ドル円は原油価格の下落と利下げ、ユーロ円は欧州なので欧州情勢に左右されます。今年になってこの3通貨が他通貨の足を引っ張っています。ユーロが下げると他通貨も下落していますし、豪ドル円が下げると米ドル円が上値が重くなっています。下げている原因が他通貨に関係のない内容だとしても、足を引っ張るので安心してトレードが出来ていません。まだ始まったばかりですが、不安定だなって思います。どの通貨も今年になってから上昇トレンドが発生することなく、少し上げては横ばい状態になり、下押しします。ひどいのは豪ドル円です。上げる時は上げるのですが、下げは上げの2倍という感じです。さらに下落ははやく、戻りも急なので損切りにかかりやすいです。大きく損切りを入れたほうが勝てるという事はチャートを見て思っています。デモトレードでは、1円幅にしてやったら見事成功しました。だけど、現実の取引でやるということは怖いのです。とにかく動きが派手です。掴みきれない相場で戦う事はリスクが伴います。リスク管理は大切だけど、どうリスク管理をしたらいいのか、とにかく難しい相場なのです。休むも相場という格言があります。確かにそうだと思います。今の相場はわからない!に該当しますから休むのが良さそうです。

続きを読む≫ 2015/04/14 12:10:14

バイナリーは為替相場の変動を利益にしていく取引です。株は、たくさんの企業がある中でその企業のお気に入りの銘柄を買って利益にしていきます。どちらも投資ですが、これから先も安心して続けていけるのがバイナリーです。ただし、しっかりとリスク管理を行うことが条件での話です。株は、企業の倒産があります。信用して買ってたとしても100%潰れないとは限りません。買った企業が倒産してしまえば、株はただの紙くずにしかなりません。持っていたとしても1円の利益もないわけです。だけど、通貨がなくなることはないですから、ずっと続けられるわけです。ここで為替相場の歴史を振り返ってみます。為替相場は、はるかに長い歴史があります。米ドル円で振り返ってみます。1950年のときの米ドル円のレートを知っていますか?今現在、最高の円高から円安に進んで戻してきているところで、米ドル円は115円ぐらいです。円高の頃を思うと高いって思ってしまいますが、過去のレートを知ると全然安いじゃないって思います。過去最高の米ドル円は360円です。それが1950年の米ドル円です。当時は固定相場制になっており、1ドルが360円と決められていました。それが変動相場制に変わってから一気に308円ぐらいまで値を落としました。それからは、いろんな経済危機によって戻ることなく円高に進み続け、75円ぐらいになってしまいました。そして、アベノミクスによって円安が進んだことでようやく戻し始めているところです。バイナリーは大きく値が動きますが、通貨が紙くずになることは考えられないので安心です。

続きを読む≫ 2015/04/14 12:10:14